オリジナルTシャツ作成時に選べる素材の種類とは

チームのみんなでお揃いのオリジナルTシャツを作りたい、企業のノベルティーにオリジナルTシャツを作りたいなど、オリジナルTシャツの制作を考えているという方もいるでしょう。しかし、どのようにして制作をしていけばいいのかわからない、という方も中にはいるのではないでしょうか。オリジナルTシャツは、ネットを利用することで簡単に作ることができます。では、どのようにしてネットでオリジナルTシャツを制作していけばいいのでしょう。まず、どのサイトで制作を依頼するのか決めていきましょう。ネット上には複数のサイトがあるので、比較検討して決めていきます。見積もりをとり予算内で希望のものが作れるのか、デザインやTシャツの素材にはどのようなものがあるのかなどを確認しながら検討していきましょう。

オリジナルTシャツのデザインはどのように決める?

オリジナルTシャツを制作するときに重要視することの1つが、デザインをどのようにして作っていくのかということです。社名やチーム名を入れるだけというなら簡単ですが、イラストを入れたい、チームや会社のマークを入れたいという場合は、ロゴやイラストを作っていかなければなりません。オリジナルTシャツ制作ができるサイトの多くは、依頼者の希望に沿ったデザインのTシャツを制作してくれます。会社のロゴなどすでにデザインが決まっているものなら、写真やデータをメールで送るだけでデザインを決めることができます。逆に、決まったデザインではなく手書きのイラストなどからデザインを決めていきたいという場合でも、FAXやイラストの写真のデータを送ることでデザインを決めていくことができるなど、手軽に決めることができます。

オリジナルTシャツの素材はどうやって選ぶ?

オリジナルTシャツと一言でいっても、その素材や形などさまざまなタイプのものがあります。これら多くの素材やタイプのTシャツから、どのようにして選んでいけばいいのでしょう。まず、どのようなシーンでそのオリジナルTシャツを着用するのかを考えてから決めていきましょう。スポーツをしている団体で競技中の着用を想定しているなら、吸汗速乾タイプの素材を選び、長期の着用を考えているのなら型崩れしにくいタイプの素材を選ぶなど、どのようなシーンでの着用を想定しているかによって素材を選んでいきましょう。また、ノベルティーとして多く配布するためやイベントで着用するためにコストを下げたいときなどは、リーズナブルな素材を選ぶようにするといいでしょう。このように、どのような素材を選ぶかはどのようなときに使うのかを考えて決めていくようにしましょう。