電子タバコの比較サイト

トップ > コラム > 電子タバコなら吸ったり吐いたりができる

電子タバコなら吸ったり吐いたりができる

人が生きていくためには呼吸が必要です。
通常は鼻から吸い込み、口から吐き出して呼吸をしています。
呼吸ができないと死んでしまうので、特に意識をすることなく呼吸はできます。
寝ているときでも呼吸をしているので、息が止まることはありません。
タバコを吸うときは、口から吸いこみ口から吐き出します。
この時は意識的に行います。
深呼吸などをするときは意識的に行いますが、それ以外では意識的に吸い込んだりすることはないかもしれません。
それくらいタバコを吸う行為は他の行為に変えられないと言えます。
今はタバコに似た行為ができるものとして電子タバコがあります。
吸ったり吐いたりが可能なので、タバコをやめて口惜しい、タバコの呼吸が懐かしいと感じている人にはちょうどいいかもしれません。
手で持つときも、全く同じではないものの近い状態で持つことができます。



電子タバコなら歯を汚すことがない

歯磨き粉の中にタバコのイラストが描かれたものがあります。
タバコ好きだとタバコの味がするのではと考えるかもしれませんが、もちろんタバコ味の歯磨き粉ではありません。
タバコのやになどをきれいに落とすことができる歯磨き粉になります。
一般的なタバコを吸っていると、歯にやにが付きます。
部屋の天井などにこびりつくことがありますが、同様に歯の裏側などにつきます。
歯の裏だけでなく、表部分にも色がつくことがあり、真っ白には程遠い歯の色になることがあります。
あまり歯を見せることができないでしょう。
電子タバコを利用するメリットとしては、歯を汚すことがないところでしょう。
吸ってもやにを吸い込むことがないので、歯の裏に汚れが付着することはありません。
それまで吸っていた人で苦労して歯磨きしていた人がいるでしょうが、歯磨きも楽になります。



電子タバコなら味覚や臭覚障害がない

タバコは香りを楽しみます。
銘柄などによりますが、かなり強めの香りになります。
そのため、吸っていると味覚や臭覚に影響が出ることがあります。
あまり吸い過ぎているとおいしく食事がとれないこともあります。
ダイエットのために使う人はそこを狙っているのでしょう。
せっかく生活をするなら、おいしいものをおいしく食べたいでしょう。
食生活が良くなるかもしれません。
タバコから電子タバコにすることで味覚や臭覚への影響が少なくなります。
一定の香りはありますが、タバコほど強い刺激ではありません。
タバコを吸った後は、舌がピリピリするような感覚になることもあります。
でも、電子タバコの場合はそれらのこともなく普通に食事などができるようになります。
食欲を減らしてダイエットをすることには使えませんが、子供たちと一緒に食事を楽しんだりすることができます。

▲ ページトップへ