電子タバコの比較サイト

トップ > コラム > 電子タバコは最近人気が集まっています

電子タバコは最近人気が集まっています

 タバコは値上がりして以来、禁煙しようとする人が増えました。2015年の喫煙者の割合を表すデータによると男女計で19.9%という結果になったようです。少し前のピーク時の1996年には喫煙者が約2人に1人の割合と多くいましたが、2015年は約5人に1人に減少しました。
 長期間喫煙を続けていると、体にはさまざまな害が起こります。自分だけでなく、副流煙を吸った周りの禁煙者にも被害があります。健康志向が高まっていることや価格の値上がりのほかに理由の1つとして挙げられるのが禁煙グッズの普及です。
 その禁煙グッズの1つとして人気なのが電子タバコです。


 電子タバコは、タバコに似た大きさの吸入器によってタバコやミント、フルーツなどの味や香りをつけた水蒸気を吸引します。吸入器を吸い口で吸うと、カートリッジに入った液体をバッテリーによって加熱させます。
 そして、変霧器という部分で霧状に水蒸気が出るしくみになっています。タバコと比べると格段に体への害が少なく、ニコチンやタールが全く入っていないものもあります。その点が、禁煙グッズとして人気がある理由です。
 吸入時に先端が点灯する赤いランプをつけてタバコの火のように見せるものもや水蒸気の量が少ないものや多いものなど、好みに合わせてさまざまなタイプのものが売られています。


 一般的なリキッドはシンプルなデザインが有名ですが、コラボ商品は色とりどりでかわいいデザインなので使うのがもったいないくらいです。
 まず一つ目は、香りです。普通のタバコと違って、燃やすのではなく液体リキッドを加熱して蒸気を吸うことが特徴です。そのため、煙たい、燃えた臭いがするといったことがないため、いい香りのするものが多いです。香りを楽しむのが特徴言っていいほど、香りに種類があります。女性にもおしゃれなデザインも人気です。
 選ぶ際は、自分の好きな香りを探して選ぶということが楽しむポイントになります。
 また最近ではデザインがも豊富に取り揃えられている点も嬉しい特徴です。日本製のものから海外製のものまで幅広くありますので、見るだけでも楽しい物がたくさんあります。一般的な形のタバコそっくりな電子タバコから、一度は憧れるキセルのような形のものもあります。
 もともと燃やすタイプのタバコを吸っていた方には、満足感を得られない場合もあります。吸った気がしない、甘すぎるという意見があります。すっきりするようなタバコがお好みの方は、メンソールタイプのリキッドもあります。好みに合わせて使い分けてみると良いでしょう。

▲ ページトップへ