電子タバコの比較サイト

トップ > コラム > 電子タバコは禁煙グッズだけではありません

電子タバコは禁煙グッズだけではありません

 電子タバコは禁煙グッズとして知られていますが、最近はファッションとして取り入れる人も増えています。
 そして、禁煙をするためにはニコチンを取らないようにして徐々に慣らして必要があります。そのため、こちらにすることによってニコチンを取らずに吸いたい気持ちも抑えられるという効果があります。もちろん、ほんとうのタバコに似せたメンソールなどもあるので、比較的スムーズに禁煙を進められるメリットがあります。
 最近は、本体もいろいろな形のものが増えていて、ストレート型のものもあれば葉巻型などもあり、ファッション的に取り入れられるようになっています。

 
 本体の価格もピンからキリですが、安いものでは2000円程で購入ができます。葉巻型などデザインが凝ったものでも10000円程で購入ができるようになっています。インターネット上ではいろいろなものが販売されているので、好きなものを選んで使うことができます。
 使い方も簡単で、本体にリキッドを入れてスイッチを押すことによって数秒で霧状になって吸える状態になります。しかも、充電をしてまた使えるのでとても経済的です。リキッドの量によって異なりますが、10ミリリットルのものでは普通のタバコ100本分ほどとなっています。そのため、とても経済的です。しかも、ニコチンが入っていないので、副流煙の影響もありません。
 そして、充電の仕方も付属のケーブルをコンセントに差し込むだけで行えます。あるいは、USBケーブルとなっているので、パソコンや補助バッテリーにつないで充電をするということも可能です。
 そして、パーツに関してもタンクの部分など交換部品も販売されている機種もあり長く使えます。


 そして、リキッドの種類も豊富にありニコチンが入っていないものが主流ですが、海外ではニコチン入りのものも販売されています。
 基本的には、禁煙グッズとして販売されているので、日本ではニコチンが入っていないタイプだけが販売されています。そして、リキッドによってその時の気分に応じて味を変えることができます。オーソドックスなものではメンソールがありますが、それ以外にもフルーツ系のストロベリーやアップル、コーヒー味やチョコレートなどもあります。
 そして、女性向けでは先ほどのフルーツ系のものもありますが、バニラなども人気となっています。リキッドの値段では1本当たり1000円程で購入ができます。セットで販売されているものもあり、いろいろな味を楽しむこともできます。

▲ ページトップへ